クリニックのご紹介

理事長ご挨拶

新型コロナ緊急事態宣言下での取り組みについて

約1年半を経過して新型コロナウイルス感染症は一向に収束の気配がみられず、日本国内では第5波と呼ばれる感染急拡大が起き群馬県でも8月4日より県独自の警戒度は4へ引き上げられ、8月20日から緊急事態宣言の対象地域となります。

幸いなことに(この状況では奇跡的にと言ってよいかもしれませんが)これまで当法人の施設や職員において新型コロナ感染症の発症はみられていません。引き続き「コロナにかからない、コロナを持ち込まない」ためにクリニックおよび施設職員一同、感染防止対策とコロナ禍における私たちの役割の再確認をいたしました。

医療・福祉従事者として以下の点を再確認し、感染対策を徹底します。

個人として:コロナウイルスにかからない注意

  • 不要不急の外出自粛
  • 午後8時以降の外出は極力控える。
  • 県外との往来自粛
  • ソーシャルディスタンス確保、マスク着用、手洗い、3蜜回避(特に休憩時、食事の際)、換気
  • 家族へワクチン推奨

施設として:コロナウイルスを持ち込まない注意

  • 体調管理に留意。不調時、発熱時は速やかに申し出る。
  • 直接の面会禁止

入院ベッドを持たない内科クリニックの役割として、発熱や感冒様症状のある方に速やかに対応すること、新型コロナ感染症が疑われる場合は抗原検査やPCR検査を組み合わせて可能な限り早期に診断すること、病状の重症化を見逃さないこと、ワクチン接種をすすめること、新型コロナ感染症やワクチンに関する適切な情報を提供し啓蒙すること、そして通常診させていただいている一般患者の方々の診療や健診などをいつも通り行うことが重要と考えています。

介護施設においては、入所、ご利用される皆様への感染防止、クラスター発生回避が最優先のことと考えています。そのため利用される方をはじめ施設職員の体温測定、症状確認、有症状時の積極的な抗原検査、PCR検査等これまで以上にこまめに行ってまいります。

施設入所者へのご面会については、警戒度4となった8月4日以降「直接の面会禁止」が再度指示されています。入所されている方、ご家族の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、リモートでのご面会をご活用ください。パソコンやスマホが苦手という場合は、クリニックにお越しいただければ大きな画面でリモート面会できる設備を整えてあります。

コロナ感染症で入院や待機をされている患者の皆様やコロナ診療の最前線で入院患者を担当される医師、看護師、スタッフの皆様には大変なご負担、ご苦労が続いているものと拝察いたします。私たちは重症患者を診たりワクチン·治療薬を開発したりする最前線ではありませんが、街で暮らす人々に最も近い医療機関としてクリニックなりの役割を果すことが微力ながらも医療ひっ迫抑止や感染拡大防止、さらには新型コロナ感染症収束へ向けての戦い方だと考えています。

令和3年8月17日
理事長 笛木真

「介護医療院ふえき」、「前橋ふえきクリニック」開設

早いもので、私が生方会理事長に就いてから2年余りが経過いたしました。

この度、2025年に向けて構築されつつある地域包括ケアシステムに対応するため、当法人ではこれまでの療養病床26床を介護医療院という介護施設に転換いたしました。介護医療院というのは平成30年4月に新たに創設された「医療機能」、「介護機能」、「生活施設」を備えた介護保険施設です。

関係の皆様のご指導、ご協力により前橋市では初めてとなる施設、「介護医療院ふえき」26床を本年10月1日に開設することができました。居室のリフォーム、設備の更新等により療養環境を整え、施設での日課や行事を充実させました。「病院に入院するほどではないけれど、これまでの施設では医療面が心配」といった介護、介助に加え継続的な医療処置も必要な高齢者に適した施設です。快適に安心して療養していただける施設となるよう努めてまいります。

また、病院から施設への転換に伴い当法人の医療部門はクリニック(無床診療所)となり、旧生方医院は「前橋ふえきクリニック」へ名称変更いたしました。クリニックは受付、待合スペースを改装し、これまでより快適に受診していただける空間を作りましたので引き続きご利用ください。

なお、「介護医療院ふえき」、「前橋ふえきクリニック」いずれも、院長はこれまでどおり木村淳子院長がつとめさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

令和元年10月
医療法人社団生方会
理事長笛木真


平成29年6月より、医療法人社団生方会理事長を拝命いたしました。生方醫院が昭和10年に前橋の中心市街地に開業してから80年余りが経過いたしました。生方鉚初代院長から生方璋二代目院長、生方毅前理事長へと継承された歴史の詰まった大きな重い看板をこのたび引き継がせていただくことになり身が引き締まる思いです。

当法人は、外来と入院病棟(療養病床26床)を有する病院「生方医院」、介護老人保健施設「平成苑」(入所39床、通所リハビリテーション20名)、グループホーム「陽だまり」(1ユニット9床)の3施設からなります。病院は開業当初からの「生方医院」という名称を引き継ぎ、本年6月からは二代目院長生方璋先生のご二女、木村淳子先生が新病院長として今まで以上にはりきって診療にあたっております。

当法人のある前橋駅前は、大通りに面した新しいオフィス、店舗や専門学校と一本通りを入った古くからの閑静な住宅街とが混在する地域です。この町で生まれ育った方々や、代々商売を続けてこられた方々もたくさん住まわれています。外来にみえるご高齢の方にお話を伺うと、友人や顔見知りが多く、近所付き合いの残る便利で住み慣れたこの地を離れたくないと多くの方がおっしゃいます。2025年には、介護・介助を必要とする高齢者や認知症の方々が、住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることが出来るよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムが構築されます。私たちの「生方医院」療養病棟、介護老人保健施設「平成苑」、グループホーム「陽だまり」では、見慣れた景色、雰囲気の中で旧知の友の顔を見ながら、昔話や地元の話が通じるスタッフやご家族に囲まれて安心して快適に療養していただくことを目指しております。新しいケアシステムのもとで地元の高齢者の方々に有効に利用していただきたいと思っています。

また、オフィス街にお勤めになる方々、駅を利用して通学される学生さんたちには外来診療や検診等でお役に立てればと思います。

医療、介護、福祉サービスを丁寧に安定して提供し、皆様から信頼を得られるよう職員一同これまで以上に頑張って研鑽を積んでまいります。この地域のお役に立つことにより、当法人の80余年の歴史が100年、150年と継続できるよう皆様と共にある病院づくり、施設づくりを進めてまいりますのでご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

平成29年6月
医療法人社団生方会 理事長 笛木真

院長挨拶

当院は地域の皆様のご支援の下、内科・外科・リハビリ科・皮膚科を中心とした診療を行なってまいりました。

平成29年度から上武呼吸器科内科病院との医療提携により、呼吸器内科・アレルギー科の外来診療の拡充を果たしております。

咳・痰・呼吸苦などの呼吸器症状でお困りの患者様もお気軽に相談ください。

今までどおり、皆様の立場に立って笑顔で生活が出来るように医療・介護サービスを提供していきたいと思います。

健康診断・人間ドック等の健康管理、介護サービスを受ける為の診察相談・外来診療・病棟診療等、今後も職員一同皆様が安心して医療・介護サービスを受けられるように日々勤めて行きたいと思いますので、相変わらずのご支援をお願いします。

平成29年6月
医療法人社団生方会 前橋ふえきクリニック 院長 木村 淳子

医師紹介

生方会 理事長:笛木 真(ふえき まこと)

日本アレルギー学会指導医
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本人間ドック学会専門医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
呼吸ケアリハビリテーション学会呼吸ケア指導士
医学博士

前橋ふえきクリニック院長:木村 淳子(きむら じゅんこ)

日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医

医師:笛木 直人(ふえき なおと)

日本内科学会総合内科専門医
日本アレルギー学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会指導医
日本呼吸器学会専門医
呼吸ケアリハビリテーション学会呼吸ケア指導士
日本がん治療認定機構がん治療認定医
肺がんCT健診認定機構認定医師
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
医学博士

医師:吉野 昭男(よしの あきお)

日本精神神経学会専門医
精神保健指定医
日本医師会認定産業医

医師:茂木 健太(もてぎ けんた)

日本内科学会総合内科専門医
日本消火器病疫学会指導医
日本消火器内視鏡学会指導医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医

医師:齋藤 悠(さいとう はるか)

日本内科学会認定医
日本呼吸器学会専門医
日本アレルギー学会専門医

医師:武藤 壮平(むとう そうへい)

日本内科学会認定内科医

医師:金内 一(かなうち はじめ)

日本外科学会外科指導医
日本内分泌外科学会指導医
日本乳腺学会認定医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本人間ドック学会認定医
医学博士

当法人の医療機関、介護施設

  • 前橋ふえきクリニック
    内科、呼吸器内科、アレルギー科、消化器内科、美容皮膚科、皮膚科、精神科、リハビリテーション科
    通所リハビリテーション20人/日
  • 介護医療院ふえき
    26床
  • 介護老人保健施設 平成苑
    39床
  • 住宅型有料老人ホーム さくらマイホーム
    全室個室20床、デイサービス20人/日

協力医療機関

  • 医療法人一羊会上武呼吸器科内科病院
  • 介護老人保護施設一羊館 訪問看護ステーション芳賀
  • 前橋赤十字病院
  • JCHO群馬中央病院
  • 群馬県済生会前橋病院

介護医療院ふえき
令和元年10月開設。
前橋市で最初の介護医療院です。

介護老人保健施設 平成苑
利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざします。

住宅型有料老人ホーム さくらマイホーム
令和2年7月開設。
吉岡町にある全室個室20床のホームです。

住宅型有料老人ホーム さくらマイホーム短期入居・体験入居のご案内
さくらマイホームでは
短期入居・体験入居を行っています。

フォトギャラリー
写真でクリニックを紹介します。

健康サポート
定期的に健康情報をお届けします。

医療法人社団生方会
前橋ふえきクリニック

〒371-0024
群馬県前橋市表町2-27-22
電話:027-224-2818
Fax:027-224-1988
Email:maebashifueki-cl@dune.ocn.ne.jp

詳しい地図を見る

診療時間

月火水金
午前 9:00~12:00
午後 14:00~18:00

木土
午前 9:00~12:00

休診日

木曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日